2021年ながら聴きベストアルバム

2021年を振り返って個人的に良く聞いたお気に入りの音楽アルバムを紹介します。

コロナ禍においてリモートで作業することが増え、そのためか”ながら聴き”が多くなったのと、ストリーミング配信がメインとなり、ついに物理メディアを一枚も購入しない一年となりました。

Spotifyにアクセスすると2021年に聴いた曲のランキングというものを見ることができまして、そこで1位となった曲は、Mimeの「エメラルドグリーンの揺らめき」でした。そっかそういえばよく聴いたようなきがするなぁ、ということでまずはこれから。

Mime | Yin Yang

Mimeの2枚目のアルバムです。そう言えば、2018年の年間ベストではMimeのファースト・アルバムを取り上げたなぁ。

私的2018年のベストアルバムは
2018年を振り返って個人的に良く聞いたお気に入りの音楽アルバムを紹介します。 この一年は、前年にも増してSpotifyなどのストリーミング配信で音楽を聴くことが定着した一年という感じがします。 今まで以上に新しいアーティストやアルバムに出会うこと...

前作に引き続きどの曲もメロディが素晴らしく良くこなれています。AORやシティポップの範疇にはまるサウンドはとてもスムーズで、いい具合に力の抜けたボーカルもあいまってアーバンな空間に満たされていきます。

前作よりも、シンセの音色がキラキラした感じになりオシャレ感が増したような気がします。6曲目ではmaco maretsのラップがフューチャーされています。

Listen on Apple Music

Yin Yang
Yin Yang

Deborah Bond | Compass:I

ワシントンDCのシンガーのアルバム。ニューソウルというのかな。いわゆるブラコンでもなく、それぞれの良いとこ取りした感じで、さらに美しくバランスしたサウンドは気持ちがいいです。

アルバム全体で37分とやや短めなのもあって全9曲があっという間に終わってしまいます。で、また頭から聴きなおすというループ。

Listen on Apple Music

コンパス・アイ[ボーナス・トラック収録(予定)]
コンパス・アイ

Orb | PEARL CENTER

デビューから2年。初のフル・アルバムとのこと。少し影のあるエレクトロポップという感じで、これまた80年代風のサウンドがツボにハマりまくりです。

Mimeと同様にメロディがいいですね。そのためアルバム全体をまるっと楽しめるクオリティーが維持されています。何度でも聴けるアルバムと言えそう。

ブライアン・フェリーやヒューマンリーグを思い出しました。

Listen on Apple Music

Orb
OrbがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ...

kiefer | When There’s Love Around

こう言ってはなんですが、インストのアルバムで、ながら聴きにぴったり?

ところが、ただのBGMにはならないのが凄いところ。甘い音色のメロウなサウンドで聴き心地はとても良いのですが、ところどころで「ん?」という瞬間があって、それがこのアルバムの存在感を増していると思われます。

Listen on Apple Music

When There's Love Around
When There's Love Around

Slawek Jaskulke | Music on canvas

スワヴェク・ヤスクウケ(Slawek Jaskulke)は、ポーランドのジャズピアニストです。

このアルバムは、同じポーランドの画家ラファウ・ブイノフスキの「Nokturn(夜想曲)」と題された絵画シリーズにインスピレーションを受けて作られたものだそうです。

確かにアルバムジャケットのイメージそのままのモノクロな世界観がサウンドでも描かれ、アンビエントな響きは瞑想にいざなうがごとく曲が展開していきます。

通常なら440Hzで調律されるピアノですが、このアルバムでは癒しの効果があると言われている428Hzで調律されたピアノで演奏されています。通常より少し低い周波数のためか、とても落ち着いた音色になっています。

Listen on Apple Music

ミュージック・オン・キャンバス
ミュージック・オン・キャンバス

Lyle Mays | Eberhard

2020年2月にこの世を去ったピアニスト、作曲家のライル・メイズの遺作です。

パット・メセニーと多くの素晴らしい楽曲や演奏を残し、ライル・メイズならではのサウンドには多くの感動をもらいました。

この遺作でも幻想的で美しい音楽が13分にわたって奏でられています。ライル・メイズの音楽はしなやかな織物のように心に寄り添ってくれる気がします。

Listen on Apple Music

Eberhard
ライル・メイズの遺作となる「Eberhard(エバーハルト)」の緊急リリース。元々は2009年開催のゼルツマン・マリンバ・フェスティバルのためにメイズが作曲した楽曲である。13分に及ぶこの長編作品はメイズ自身が「ミニ・シンフォニー」と呼び、メイズが亡くなった2020年2月の僅か数か月前に新たな加筆を経て初レコーディング...

以上、6作品を紹介しました。

12月になって素敵な音楽との出会いもあり、また別の記事で紹介したいと思います。

今のヘビロテは、KIRINJIの「crepuscular」です。

12月になって出てきました!
12月になって良い作品が多くリリースされてます。スティングの新作もリリースされましたしね。 KIRINJI | crepuscular 黄昏、薄明り、夜明け前といった意味のcrepuscularがタイトルです。 2年ぶりということでコロナ禍を...