ブラジル、さらにアフロで激シブ

ひさびさにCD買っちゃったよ。

Letieres Leite & Orkestra Rumpilezz|Moacir De Todos Os Santos

とりあえずアーティスト名をカタカナ表記すると「レチエレス・レイチ&オルケストラ・フンピレズ」。これでもまだ読みにくい。

まあそんなことはどうだっていいのだ。

レチエレス・レイチの生前最後の作品となったこのアルバムの渋さはどうだ!

モアシール・サントスの「コイザス」(1965年)のカバーであり現代的な目新しさはないのですが、ブラジリアン・ジャズとポリリズムで埋め尽くされた素晴らしいインスト作品が余裕の表情で演じられ、それでいて古めかしさを感じさせない刺激的なサウンドにクラクラします。

パーカッションやドラムはもちろん、管楽器もジワジワ来ます。

トラック5の「Nana」ではカエターノ・ヴェローゾが参加しています。

MOACIR DE TODOS OS SANTOS
巨匠レチエレス・レイチ率いるアフロ・ブラジリアン・ラージアンサンブル「オルケストラ・フンピレズ」が残した、モアシール・サントスによるジャズボサ聖典『Coisas』カバー集! ゲストでカエターノ・ヴェローゾも参加。 ブラジル北東部にあるバイーア州生まれの作編曲家/サキソフォニスト、レチエレス・レイチ。自身のアフロ・ブラジ...