どこが良いのか、わからないけど Paul Cherry

タイトルどおりで、いまいちどこが良いのかわからんのですが、何故か聴いてしまう・・・。

Paul Cherry|Flavour

しかも、このジャケットですよ。まあ、チェリーはいいとして、なぜ陰陽太極図なのか。そして、ゴールドの時計と三角形、うーん。

Paul Cherryは、シカゴのシンガーソングライターで、これが世界初CDだそうです。

で、肝心のサウンドですが、一曲目のっけから電話のベルで始まって、ピッチが微妙にずれてるシンセやエレピの音に「な、なんだこれ」と、さらに緩いボーカル。

全体のたたずまいが、メロディアスなので聴きやすいのですが、なんか居心地の悪さがぁ、、、でも気持ちいい~、と謎な魅力が詰まっております。

全10曲で30分と今どきのアルバムとしては短いですよね。でも、これがちょうどいい具合で、ふとまた聴きたくなるという。

やばいです。

Amazon | フレイヴァー | ポール・チェリー | ロック | 音楽
フレイヴァーがロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。