HOCHONO HOUSEで思い出したのは

細野晴臣のニューアルバム「HOCHONO HOUSE」は、1973年にリリースされた細野晴臣のソロ1stアルバム「HOSONO HOUSE」のセルフリメイク版です。

HOCHONO HOUSE|細野晴臣

セルフリメイクといっても2019年の音にこだわった作りになっています。
さらに、曲順がオリジナルの逆順だったり、名曲「相合傘」がイントロだけでなくボーカル部分も収録されていますが、壊れたラジオ風になっているのがなんとも。
また、ライブ収録の曲もあったりしてバラエティ豊かですね。

とはいえ、適度な抜け感は健在で、いい感じで楽しめます。
「終わりの季節」は、ボーカル無しのインストなのが少し残念ですが、ここでのギターが思いのほか雰囲気があってこれもアリだなと。

HOCHONO HOUSE<CD>
細野晴臣
¥ 3,240
Amazon.co.jp

と、ここまで書いて、細野晴臣といえば言っておきたいことが。

YMOにおける細野晴臣作曲の作品

YMOなんですが、まあそれこそ多くの曲が生み出されて、ライディーンとかテクノポリスとか中国女とか・・・。
そんな多くの曲の中でも細野晴臣が作曲した曲が、私は格別に好きなのです。とにかく、いつ聞いても、何年も前の曲でも、おいしいのです。

売れまくった「SOLID STATE SURVIVOR」であれば、「INSOMNIA」ですね。一聴すると地味なんですが、リズム感、ちょっと癖のあるメロディーなどがいいですね。

YMOの最高傑作アルバムではないかと思っている「BGM」であれば「MASS」です。

そして、燦然とナンバーワンに輝くのが「SERVICE」収録の「THE MADMAN」でございます。この曲ではボーカルも聴けて、ベースがとてもかっちょいいのです。

そして「TECHNODELIC」から「灰色の段階」も忘れてはいけません。

最後にYMOではないけどリゾート感満載のコンピレーション・アルバムから「ミコノスの花嫁」と「最後の楽園」です。