泣けるクラシックの名曲|カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲

クラシックの小品で、聴くと必ず泣けてくる名曲トップ3を紹介します。
いつ聴いても脳内ドーパミンが出て感動で涙してしまう曲です。

*すべての人に同様の効果を保証するものではありません

マスカーニ|カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲

ピエトロ・マスカーニが作曲したオペラ(1890年初演)に含まれる間奏曲。
オペラを作曲する前からこの間奏曲のメロディは既に作曲されていたようです。

曲名は知らなくても、多くの人が聞いたことがある曲ではないでしょうか。CMやTV番組のワンシーンのバックに良く使われています。ドラマ「カルテット」の6話でも使われてたようですね。

私も最初は曲名がわからず、モヤモヤした時期がありました。分かった時も、「マスカーニ?誰それ」って感じだったなぁ。

しかし、そんなことはどうでも良くなるぐらい、美しい音楽であります。
映像のバックに流すだけで、あら不思議、そのシーンが意味をもって迫ってきます。

曲の後半ではバイオリン、ビオラ、チェロの弦楽器がユニゾンでメロディを奏でるのですが、これが感情を揺さぶります。

この曲によってマスカーニの名は忘れることはないでしょう。

Herbert Von Karajan(ヘルベルト・フォン・カラヤン)指揮